fbpx

注目記事ピックアップ

YouTube動画をブログに埋込むときに覚えておくと便利なタグ

ブログやウェブサイトに動画を貼り付ける場合、動画の最後には「関連動画」が表示されます。この関連動画はYoutubeの視聴者にはクリックされやすく、ブログなどでは他の動画を視聴されるために、離脱の要因にもなります。これは【埋め込みタグ】に手を加えるだけで簡単に回避することができます。*この動画は9秒です。再生後、動画の最後の画面をご覧ください

自分の動画と関係ない動画にリンクされてしまうのは、もったいないと思いませんか?
そこで、埋め込みタグに一工夫するだけで、関連動画で、自分の動画だけを紹介してもらう方法があります。タグを入れるとこのようになります。*こちらの動画をご覧ください

自分のチャンネル内の動画だけを関連動画に載せる方法があります。

Youtube動画を共有する

これは2018年に作成した動画です。基本的にはこの作業をおこなうのですが、すでにYoutubeの変更により「関連動画を表示する、しない」のチェックボックスは削除されてます

このように作成されるタグは以下の通りになります。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/bnwGDT1L95E” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

このタグは

<iframe width=”幅pix” height=”高さpix” src=”https://www.youtube.com/embed/動画のID” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

となっています。太字のところを変える事で、サイズや動画が変わるわけですが、このタグに対して関連動画を自分のチャンネルだけの動画にするには「?rel=0」というタグを付けるだけです。付ける場所は

<iframe width=”幅pix” height=”高さpix” src=”https://www.youtube.com/embed/動画のID?rel=0” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

となります。 動画のIDの後ろに?rel=0を付けるだけで、ブログ経由の動画離脱が防げます。簡単なのでぜひ活用してください。

関連記事

  1. カラーパレット

    アニメーションでブランディングする方法:カラーパレットを使う

  2. 社員教育

    アニメの長さはどのくらいがいいのか?

  3. 3分割法

    ビデオ撮影の基本をアニメで解説

  4. 動画が見られないポイント

    動画の再生回数が増えない3つの理由

  5. 重要なポイント

    アニメ制作で一番重要なことは?

  6. 自己紹介ムービー

    自己紹介アニメーションの作成方法

  7. 画像の使用について

    作成した映像を画像にしてチラシに使いたい?

  8. インパクトあるアニメーション

    ビジネスアニメーションは社外向けのプレゼンテーションです

  9. VYONDよくある質問

最近の記事

  1. samecharactors
  2. 自己紹介ムービー
  3. ナレーション
  4. ホワイトボードアニメーション
  5. 2月26日
  6. キャラクター調整機能

マスタートレーニング

マスタートレーニング
よくあるしつもん
14日無料トライアル

イベント情報はこちら

セミナー情報

おすすめエントリー

  1. ビジネスアニメの5つのポイント ビジネスPRアニメを作るための5つのポイント
  2. YouTubeの使い方 YouTubeを使ってアニメ動画を拡散する
  3. 3分アニメのサンプル 3分間の解説アニメ 事例
  4. 女性キャリアセンター 埼玉県女性キャリアセンター 紹介アニメーション

アクセスランキング

  1. vyiondとは?
  2. 手描きアニメ
  3. VYOND 使い方基本編
  4. ビジネス向けのアニメーション
  5. 複数購入時の仕組み
  6. 2月26日
  7. VYONDpartners
  8. PR活用事例
PAGE TOP