なぜ毎月第2水曜日付近でVYONDの動作が不安定になるのか?

VYONDの動作が突然不安定になる原因は

突然VYONDの作業中に画面が白くなって動かなくなった。プレビューが突然できなくなった。画面表示がおかしい・・・などなど、様々な不具合の問合せが毎月中旬、第2水曜日あたりに多くなります。弊社では毎日VYONDにログインし、動作をチェックしておりOSもWindows11とWindows10、MacOSと確認を行っていますが、確かにこの期間では操作に「もたつき」が出たり読み込みが遅くなったりすることが多くなります。しかし、それぞれの端末で同時に発生することもなく、VYONDの不具合というレベルとは思えないのです。ではいったいなぜこの期間に不安定な症状を訴える問合せが増えるのでしょう?

このエントリーの目次

原因はWindowsのセキュリティアップデートでは?

どうやらこの原因は定期的に行われるWindowsのセキュリティアップデートによるものが多いようです

IT 管理者やユーザーの皆様の計画的なシステムの更新ができるよう、マイクロソフトでは、セキュリティ更新プログラムを定期的なスケジュールで公開しており、セキュリティ更新プログラムは、米国太平洋標準時間の毎月第 2 火曜日に公開しています。日本では、時差の関係上、毎月第 2 火曜日の翌日 (第 2 水曜または第 3 水曜) の公開となります。なお、未修正の脆弱性の悪用が広がっているため迅速にセキュリティ更新プログラムを公開する必要性がある場合など、定期的なスケジュール以外の日程でセキュリティ更新プログラムを公開する場合もあります。

Windows Updateの配信日は、世界中のパソコンが重くなったり、またネットワークが混雑する事象が発生しやすくなります。特に、配信日当日の午前中は多くの方がWindows Updateを実行するため、ネットワークが混雑しやすい状況になりますのでご注意ください。

その他のソフトウェアアップデート

Windowsだけでなく、MacOSのセキュリティアップデート、GoogleChromeのアップデートも定期的に行われます。こちらもVYONDが不安定になる要因になりますが、どちらも月の中旬に行われる場合が多いようです。

また、インストールされているウィルスソフトのアップデート、Chromeプラグイン、各種ソフトウェアのアップデート等もVYOND稼働時には動作が遅くなる要因になります。一旦VYONDをログアウトしてアップデートを行っておくことをお勧めします。

VYONDのアップデート

動作が不安定になるケースとして、作業時にVYONDのアップデートと重なってしまうときもあります。US基準のアップデートなので日本のビジネスアワー=USの深夜にクラウドのアップデートが行われることが多いのです。

VYONDが不安定な時の対処方法

どうも具合がおかしいなと感じたら、VYONDを一旦ログアウトして、端末を再起動してみましょう。そしてソフトウェア類のアップデートを確認してください。その後ブラウザのキャッシュをクリアしてみましょう。

データはこまめに「SAVE」しましょう。

ネットワークの不調やアップデートは予告なく始まる場合が多いようです。普段からデータの保存をこまめに行っておきましょう。もしデータ自体に何らかの問題があった場合はプロジェクトの「Version History」機能を使ってデータを復旧します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
このエントリーの目次