VYOND の始め方

このエントリーの目次

VYOND Studioの使い方 基本操作まとめ

VYOND Studio(以下VYOND)ご体験ありがとうございます。このページではVYONDの基本的な使い方をまとめています。まずは一通りご覧いただき、アニメーションの制作を行っていただきますようお願いいたします。

画面構成と基本操作手順

画面では体験版となっていますが使い方は製品版も同じです。PC(windows、mac)にて稼働します。
VYONDはオンライン上で稼働するクラウド型サービスですので、端末へのインストールする必要はございません。
利用できるブラウザーは Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeになります。
Internet Explorer 、Safariならびにスマートフォン、iPad、andoroidタブレットでは稼働しません。

VYONDは予め用意したキャラクターやオブジェクトを並べるだけ、パワーポイントのスライドのように背景テンプレートを選び、部品を配置するだけなのです。 描いたイメージを紙芝居のように並べ、物語(ストーリー)を伝えるためのアニメツールなのです。

基本の操作 動画マニュアル

特徴的な操作を1分ほどの動画にまとめてみました。さらに詳しい操作を知りたい方は、基本操作カテゴリをご覧ください

PROPをシーンに追加する

テンプレートを選びProp(アニメーションのオブジェクト)を追加してみましょう。数100種類のpropから検索で探します

テキストの入力方法

テキストを入力する方法です。テキスト自体にアニメーションをつけたり、吹き出し風にすることもできます

キャラクターの差替え シーンの編集

キャラクターを入れ替えたり背景を編集したり、既存のテンプレートをカスタマイズして使います※スワップ=リプレイス

新しくシーンを作る方法

組み合わせで独自の背景を作り出せます。背景には初めからアニメーションが付いているものもあります。

チャート・グラフを挿入する

ビジネスプレゼンにはビジュアルなグラフが効果的。パラメーター変更、色、デザインをカスタマイズして使えます。

キャラクターのカスタマイズ

キャラクターは数多く用意していますが、さらにターゲットを想定したキャラクターをカスタマイズすることができます。

オリジナル画像を使う

写真や会社のロゴを挿入し動画の中で動かします。追加できる画像はJPG,PNG。動画ファイルもアニメに挿入できます

音声・サウンドの追加

BGMは著作権フリーのサウンドが約100ファイル、効果音もついています。自身でナレーションを入れることも可能です

アニメーションの編集方法

細かなタイミングも画面下のタイムラインを見ながらマウスで調整できます。タイムラインをマスターしましょう

ビデオの作成方法 Vyond正規版

完成したアニメーションは動画ファイル(MP4)で出力します。VYONDなら年間契約で制作本数に制限はありません!

VYONDの機能はまだまだあります。

VYONDでできることはこれだけではありません。基本的な操作の一部をご紹介しましたが、こちらのカテゴリにて、さらに詳しいテクニックを紹介しています。

VYOND 基本操作カテゴリー

VYOND 実践操作カテゴリー

アニメーションのシナリオについて

アニメーションで何を表現すればいいのか こちらのアニメ制作のポイントカテゴリーもぜひご覧ください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

このエントリーの目次
閉じる