複数シートについて 

このエントリーの目次

VYONDを複数のユーザーで使いたい

VYOND Professional(以下VYOND)はマルチシート対応プランです。ひとつのアカウント契約のなかで、複数のシート(=座席)を持つ仕組みです。複数シートの考えかたや仕組みについて、こちらの動画をご覧ください

管理者がシートのユーザーを管理します

管理者は、最初に購入したときのアカウントIDを所有する人です。
シートが複数あるアカウントでは、管理者が、シートユーザーを必要に応じて選び招待します。複数シートの管理者は、シートへのメンバーの招待、メンバーの一時停止/非アクティブ化など、アカウントを管理する権限を持ちます。

管理者がBCさんを招待しています。

メンバーを入れ替えできます。

VYONDのシートでは、そのときのプロジェクトに積極的に関与していないメンバーを非アクティブ化(Deactivate)し、他のメンバーを代わりに招待することができます

管理者がBさんCさんとDさん Eさんを

シートを追加購入するには?

追加シートの契約料は、管理者アカウントの有効期限までの残日数での日割り価格になっています。
例えば、管理者アカウントの期限まで、123日間残っていれば、そのシートの年間価格を日割りして123日分を算出いたします。(シート毎に年間価格が違います)

複数メンバーでデータをシェアする機能

シートを追加する方法

現在のアカウントにシートを追加する方法について動画で解説しました。(ユーザー専用パスワードが必要です)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる