アニメーションでキャラクターを移動させるテクニック

キャラクターを自由に動かそう

キャラクターは手足を動かすだけではありません。Vyondを使って、位置を移動。歩かせたり、走らせることもできます。
キャラクターやオブジェクトを移動させるには、「モーションパス」を使います。

モーションパス

移動する導線(モーションパス)を使えば、オブジェクトをシーン内で移動させることができます。
キャラクターのアクションだけでなく、プレゼンテーションのテキストやアイコンを移動させるなどの使い方もあります。
モーションパスは1シーンで一回使用できます。連続したアクションを挿入したい場合は、シーンを分けてアクションを設定します。

上記のアニメでは、女性が移動(歩く)後にシーンを追加し、「座る」アクションを挿入しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

このエントリーの目次
閉じる