テキストと画像で見せるイントロアニメーション事例

キャラクターが動くアニメーションだけで無く、VYONDでは、インパクトあるメッセージをアニーションで表現することにも活用されます。
イントロ部分でのインパクトあるタイトルを作ったり、エンディングでのCTA(コールtoアクション)にも効果的です。

ビジネスフレンドリー マーケティングテンプレートより

このアニメーションはテンプレート(ビジネスフレンドリー マーケティング)を使用したものです。色を変更して作成しています。テンプレートを使うだけで、レイアウトデザインに迷うこと無く、タイミングの調整も最小限の労力でできるので、まずはテンプレートから作ってみるのがお勧めです。作り方 解説動画はこちら

コンテンポラリー 画像を背景に入れる

これはコンテンポラリーのCONPARISONSカテゴリ内テンプレートを使用しています。画像を背景にすること、イラストとメッセージを複合的に表示させてメッセージを目立たせています。

この動画テクニックはこちらで公開中です

コンテンポラリー 画像をマスキング

画像がマスキングを施し、モーションパスで移動。その後コンテンポラリーのPROCEDUEカテゴリ内テンプレートを使用しています。文字情報を動きを使うことで順番によみやすく表示させています。CTA等に効果的なアニメーションの例です。

コンテンポラリー 背景にビデオを入れる

背景に映像を入れています。テンプレート自体はコンテンポラリーのCONPARISONSカテゴリ内テンプレートを使用しています。あえてPROPは変更していないのでどのテンプレートかはすぐわかると思います。映像を入れることで、平面的なアニメーションと違った雰囲気になります。
大きなテキストを使い、インパクトあるテキストを流すのも効果的です。
このようにVYONDのテンプレートを使用し、画像や動画を使ってイメージを作り直せば、まったく新しいイントロムービーも簡単に作成できます。
アニメだけでは、訴求力が足りない。実写によるイメージが必要な業界、商品もあります。VYONDのアニメーションで様々なクリエイティブを行いましょう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる