ホワイトボードアニメーション ビジネスアニメ 作品例

VYONDの3つのスタイルにはホワイトボードアニメーションもあります

選べる3つのスタイル
その中でインパクトがあるスタイル ホワイトボードアニメーションのサンプルを作りましたのでご覧ください

ホワイトボードアニメーションで注意するポイントは?

手描きのイメージで再生されるスタイル、ホワイトボードアニメーションは、描いている様子も大変面白いので、視聴者も最後まで再生してくれる可能性が高いコンテンツになります。しかし、手描きのエフェクトばかりだと、無意味に長くなり、途中で飽きられてしまうこともあります。そこで、ホワイトボードで作成する場合の注意点をいくつか解説します。

手描きエフェクトばかりを使わない

手描きエフェクトを使う箇所を限定しましょう。手描きのインパクトで飽きさせないように、ハンドスライド、POPなどのエフェクトを組合わせます。これだけで飽きの来ないコンテンツになります

タイミングを調整しよう

手描きアニメーション
VYONDのタイムラインを使ってテンポよくしましょう。エフェクトのタイミングを上手に調整します。

テキストはシンプルに

アニメーション全般に言えますが、表現するテキストは適度に短くすること。わかりやすい単語に置き換えたり、文言を削って、見るだけで理解してもらうようなテキストを考えましょう。
プレゼンテーション型のコンテンツ全般に入れることですが、あまりにもテキストの量が多いアニメが多すぎます。
短くシンプルな台詞を考えていれましょう。

参照:ホワイトボードアニメーションの作り方

セミナーPR サンプル

VYONDのテンプレートやオブジェクトでは、ホワイトボード用の素材も数多くそろっています。こんなアニメも作れます

自己紹介のサンプル

ホワイトボードアニメーション間連のエントリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

このエントリーの目次
閉じる