fbpx

「ごめんなさい」を表現するアニメテクニック

Vyond アニメの作り方

謝罪 お詫び おりがとうございます。を表現する

VYONDは海外のアプリなので、このようなアクションはあるかなぁ?と探してみましたが、
ちゃんとありました。こんな感じの「お詫び」ビデオができあがります。

どうやってお辞儀させるのか?

答えは簡単です。アクションで「sorry」と検索してみてください。
Sorryを検索する
誤る表現は正面のお辞儀がわかりやすいです。今のところ、正面のお辞儀は コンテンポラリー素材しかありません。他の表現では斜めのお辞儀になり見栄えがよくありません・・・。

スポットライトを当てるには

Propで「spotLight」と検索してください
スポットライト
スポットライトを際立たせるために、背景は暗く設定しておきます。

スポットライトをだんだんと光らせるには?

スポットライトのエフェクトを「wipe Down」を選びます。
スポットライトで演出
ライトが上から降りてくる様子が表現できます。wipeを使うとこのような表現ができるのですね。

いかがでしょうか? お辞儀したり、キャラクターを暗く演出したりする方法もVyondなら簡単です。また、スポットライトはいろいろな場面で重宝します。
スポットライトを使ったアニメーション例をご覧ください

なお、お詫びの例としてアニメーションを作りましたが、本当に謝罪をしなければいけない場面では、アニメーションよりも文章が必要ですので、お忘れなく!

3時間でアニメを作ろう

11月21日開催 ビジネスアニメ ワークショップ開催

ワークショップに申し込む

関連記事一覧

カテゴリー一覧

検索