プレゼンテーションでVYONDを使うための「伝わる」テンプレート

VYONDはキャラクターを動かすアニメーションだけではなく、プレゼン、商品紹介、eラーニングでも伝える手段として活用されています。VYONDのテンプレートには「説明」のために活用できるアニメーションテンプレートも数多くありますのでご紹介します。

このエントリーの目次

比較・対比を表現するテンプレート

コンテンポラリスタイル内「Comperisons」カテゴリには、対比・比較をテーマとしたテンプレートが格納されています。
1対1の比較、ビフォー&アフター型の対比、会話の様子などのわかりやすいイメージ作成に役立ちます。
対比型のイメージはビジネスフレンドリー、ホワイトボードアニメーションにもありますのでサンプルムービー後半に追加しておきました。

ポイント 要点をわかりやすく伝える

要点を絞りわかりやすく伝えるためのテンプレートです。アイテムやアイコンテンツでもコンテンツにも活用できます。製品やサービスのメリットをわかりやすく表記することができます。コンテンポラリスタイルの「Point」カテゴリと、ビジネスフレンドリーの「Layouts」ホワイトボードアニメーション「Layouts」「Text」カテゴリの一部にあります。

Procedue 手順 時系列を表示する

時系列で説明する場合、手順や変化を表現する場合などeラーニングなどにも活用できるアニメーションです。コンテンポラリー「Procedue」カテゴリに多く格納されています。これら使用されているPROPはReplaceでスタイルを変えてご使用頂けます。

グラフ チャートも活用しましょう

VYONDでは数値データをビジュアルに表現するツール「Chart」と各スタイルで「Chart」も用意されています。プレゼンテーションでは数値の表現も重要ですので、チャート グラフ等も合わせて活用しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
このエントリーの目次