商用利用可能の画像を使ってアニメを作る Shutterstockを使う(別途契約が必要です)

パンチアウトコロナ!を応援します

コロナ禍の影響で、売り上げが大幅ダウンしている、このままでは事業の継続が難しい・・・
パンチアウトコロナはコロナ禍による経済不況から日本を守るために有志の皆さんで立ち上げたポータルサイトです。
当社ではパンチアウトコロナ!の応援をしています。ぜひこちらの動画をご覧ください。

パンチアウトコロナの運用会社「カッコイイ株式会社」は VYONDのユーザーさんです。このご時世でボランティア、手弁当でサイトを立上げ、貢献する姿はまさに「かっこいい会社だなぁ」と思います。当社でも何かお手伝いできないかと連絡したところ、なんと当社のユーザー様だったという「ご縁」がありました。

応援してください


このサイトはコロナ禍でご苦労されているお店、サービス事業者の応援をするサイトです。事業者の方はコロナ特別クーポンをご用意していただき、ご自分のサービス利用を促進できます。参加費用はいりません。全国の事業者を対象にしています。ぜひ皆様も応援して拡散していただきたい!!
パンチアウトコロナ!

一瞬で理解してもらうには画像が重要

このパンチアウトコロナの動画では、VYONDのText to Speechを使用して音声を入力しました。またどうしても映像に組み込みたいコロナウィルスの画像は、VYONDのアップデートで追加されたShutterstock」のリンクから一ヶ月の使用権を購入して画像を追加しました。(Shutterstockとの契約はVYONDのサブスクリプション契約には含まれていません。別途必要です)
コロナウィルスを一瞬でイメージさせるには、どうしてもこのような画像が必要です。

非常事態宣言 ロックダウンをイメージする画像も必要です。

このような画像はGoogle画像検索で探すことはできますが、そのままVYONDにコピーして使用してはいけません。かならず使用許可の条件を確認した画像を使いましょう。
ではどうやって商用利用できる画像を入手するか? 自分で作成する時間はないので、今回は商用利用が可能な画像を販売してくれるサイトから購入しました。

ShutterStockを使って画像を追加


VYONDの5月のアップデートでは、画像・動画・音声の素材提供サービスShutterstockへのリンクが追加されています。ShutterStockは有料サービスですので、別途契約が必要です。使い方はこちら

画像、映像、音声の取り扱いには充分ご注意ください。


検索でイメージする画像を検索し、どのような映像を作るか?企画を練る上では大切な作業です。しかし画像を借用する場合は著作者の権利について調べて問題ないか確認の上使用してください。特に企業のPRの場合など、所在、権利が明確でない画像使用は避けましょう。

最後にもう一度!応援してください


パンチアウトコロナ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

このエントリーの目次
閉じる