Motion Pathの使い方 2020年12月アップデートしました!

12月16日 Motion Path機能が大幅にアップデートしました。機能と使い方を動画で解説します(16分49秒)

このエントリーの目次

大きく変わったMotion Path

今まで直線的な動きのみだったMotion Pathが多彩な動きができるようになりました。

変更点1:メニューも、動き方によってカテゴリー分けされました。

合わせて76通りのMotion Pathが増えました。カーブ型から波形 LOOP SHAPE バウンドなどなど・・
全てのMotion Pathはプレビュー付で動きを確認できます。これは素晴らしい!

変更点2:Motion Pathの設定メニュー「PATH SETTING」が追加

パスの変化点(Points)の追加機能、Rotation(回転機能)Easing(加速、減速機能)が追加
「Align to Path」にチェックを入れるとPATHに合わせてオブジェクトの向きがかわります。ちょっとわかりずらいので動画をご覧ください

新しいMotion Pathを使えば、テキストアニメーション、PROPのエフェクト、キャラクターの動きなどにも,今までのVYONDでは不可能だった動きも簡単に表現できるようになります。 ぜひ皆様のアニメーション制作に活かしてみてください!

サンプルムービーとテンプレートがこちらからダウンロードできます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる