「JCT IDがありません」または「VAT ID number required」という件名のメールについて

一部のお客様に対して、(Vyondの財務部門 )Vyond Finance Department よりメールが送られています。
結論からいいますと・・・

ウェブデモ経由でご購入いただいたVYONDご契約中のお客様」はこのメールに関しまして何も手続きを行う必要はございませんメールは無視して結構です。

弊社ではなく直接アメリカのサイトで購入している場合は、Vyond開発元であるGoAnimate社において税金(支払いに対する消費税)に関する処理を明確にする義務があり、定期的に確認のメールが送られます。JCT IDとは「消費税のID」の意味、VCTは「付加価値税」の意味です。

弊社経由でご契約のお客様には国内での取引(決済はウェブデモとGoanimate社)になりますので、VATおよびJCTのIDは関わりがございません。こちらのメールは無視されて結構です。
いきなりの配信でお客様には、ご迷惑をおかけいたしました。恐れ入りますがどうぞよろしくお願いいたします。

—————————————————————-
This is Carmen from Vyond’s finance department. We are missing your VAT ID number in our files and are required to have this for tax purposes. Without a VAT ID number on file, we must charge VAT when you make a purchase. To avoid this charge, please reply with your VAT ID number. …….
—————————————————————-

和訳
—————————————————————-
Vyondの財務部門のCarmenです。あなたのJCT ID番号が登録されていません。税務上、この番号が必要です。xxxxxxxxまで、メールでお知らせください。あるいはオンライン購入された場合、次の手順に従ってJCT ID番号を更新できます。 xxxxxxxx(中略)xxxxxxx よろしくお願いいたします。 Carmen
—————————————————————-

このエントリーの目次

ウェブデモのサポートについて

VYONDはクラウド型のウェブツールとしてとして世界で1600万登録されているサービスです。基本言語は英語になりますがウェブデモ(当社)経由でご契約ユーザー様に対しては全て日本語でのサポートをおこないます。※当社以外から購入した場合、直接の問い合せ、質問は全て英語になります(当社では一切サポートいたしません)。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる