キャラクターはカスタマイズして「ペルソナ」を極める

サービス・商品を宣伝するとき、どんな人に向けて宣伝するのか?具体的な人物像を設定することを「ペルソナ」といいます。こんな人が利用、購入するというユーザー像を作ることが大切です。VYONDのアニメーションの場合では、アニメーションの主人公=ペルソナ化したユーザーになります。
ユーザーの細部にわたった具体的なビジュアル化をおこなうことで、ターゲットを絞った「ペルソナ」をおこなってください。
だからこそ、キャラクターは必ず「カスタマイズ」して自分たちにとって最適なユーザー像、共感できる「お客様」のイメージを作り上げましょう。

このエントリーの目次

具体的な人物像の要素

年齢、性別、職業 環境 全てをアニメーションのキャラクターで具現化します。キャラクターをどこにでもいる人物ではなく、特別な主人公にします。

家庭環境もビジュアルで表現する
ペルソナ 家庭環境
趣味や性格も具合的なイメージで表現する。元気な積極的な性格だったり、読書好きな探求心旺盛な姿だったり、
性格も表現できる

課題や悩みもビジュアル化する

ペルソナに則った人物がどのような悩みや課題を抱えてるのかも、より具体的なイメージで表現します。
課題 問題

アニメーションだからできる具体的なペルソナを作る

アニメーションのテンプレートを使ってより具体的な人物像をつくりましょう。VYONDには数多くのテンプレートがあるから簡単にペルソナも描けるのです
ペルソナ

アニメでペルソナを作る

こちらのアニメーションで解説しました。ぜひご覧ください

ペルソナは見かけだけではない

ペルソナは外見だけの設定ではありません。設定するのは、「悩み」「要望」「ライフスタイル」です。ターゲットの持つ「悩み」が共通するからこそ、
「そうそう! 私もそうなんだ!」というような共感があるのです。「課題」をよりわかりやすくイメージさせるために、キャラクターをカスタマイズするということを忘れないでおきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

このエントリーの目次
閉じる