記憶に残るPRアニメ 3つのポイント

記憶に残る動画

今後様々な動画が増えていく中で、お客様に記憶される動画を作るにはどうすればいいのか?

動画を活用することは今後必須となり、VYONDを使ったアニメーションも非常に増えてくることとなります。またVYOND以外でもVtuberやその他のツールを使ったアニメも増えていきます。今後、さらに動画コンテンツも増えて来る中でいかにお客様に記憶されるアニメ動画をつくれるのか?様々なに方法がありますが、今回は表現手法について3つのポイントを解説します。

キャラクターはオリジナルにする

キャラクター
特にVYONDのようなアニメーションでは必須です。最初から用意されているキャラクターをそのまま使うのではいけません。自分たちのオリジナルのキャラクターを使ってアニメーションを作りましょう。キャラクターの作り方はこちら vYONDのコンテンポラリー、ビジネスフレンドリーでは個性的なキャラクターも作成できます。自社のキャラクターを作り、毎回出演させることで、ユーザにも浸透していきます。

カラー スタイルを固定する

ブランド
自社のカラーとフォントイメージをアニメに入れましょう。自社のブランドカラーを取り入れてアニメを作り、自社の世界観を作ることは大切です。VYONDの素材をそのまま使わず、少しずつ色やフォントを変えます。

メッセージはシンプルに「見せる」

メッセージ
動画では長い文章を読ませるのは避けましょう。文章は読ませるのではなく、見せるのが動画の基本です。そのため文章は極力短く、ビジュアルで見せる工夫を取りましょう。参考:メッセージの伝え方

記憶に残すPR動画の作り方

こちらのサンプル動画をご覧ください。是非、この3つのポイントをアニメ制作で参考にしてください。

あなたの動画に人が集まらない3つの理由

こちらもご覧ください。特にユーチューブで配信する場合に重要なポイントです。

動画マーケティング関連のエントリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる