fbpx

注目記事ピックアップ

記憶に残るPRアニメ 3つのポイント

記憶に残る動画

今後様々な動画が増えていく中で、お客様に記憶される動画を作るにはどうすればいいのか?

動画を活用することは今後必須となり、VYONDを使ったアニメーションも非常に増えてくることとなります。またVYOND以外でもVtuberやその他のツールを使ったアニメも増えていきます。今後、さらに動画コンテンツも増えて来る中でいかにお客様に記憶されるアニメ動画をつくれるのか?様々なに方法がありますが、今回は表現手法について3つのポイントを解説します。

キャラクターはオリジナルにする

キャラクター
特にVYONDのようなアニメーションでは必須です。最初から用意されているキャラクターをそのまま使うのではいけません。自分たちのオリジナルのキャラクターを使ってアニメーションを作りましょう。キャラクターの作り方はこちら vYONDのコンテンポラリー、ビジネスフレンドリーでは個性的なキャラクターも作成できます。自社のキャラクターを作り、毎回出演させることで、ユーザにも浸透していきます。

カラー スタイルを固定する

ブランド
自社のカラーとフォントイメージをアニメに入れましょう。自社のブランドカラーを取り入れてアニメを作り、自社の世界観を作ることは大切です。VYONDの素材をそのまま使わず、少しずつ色やフォントを変えます。

メッセージはシンプルに「見せる」

メッセージ
動画では長い文章を読ませるのは避けましょう。文章は読ませるのではなく、見せるのが動画の基本です。そのため文章は極力短く、ビジュアルで見せる工夫を取りましょう。参考:メッセージの伝え方

記憶に残すPR動画の作り方

こちらのサンプル動画をご覧ください。是非、この3つのポイントをアニメ制作で参考にしてください。

関連記事

  1. 選べる3つのスタイル

  2. 画像の使用について

    作成した映像を画像にしてチラシに使いたい?

  3. カメラの設定が追加できる

    動画がインポートできるようになりました。

  4. 動画活用

    アニメ動画の活用方法(多くの人に見てもらうには?)

  5. 関連動画タグ

    YouTube動画をブログに埋込むときに覚えておくと便利なタグ

  6. メッセージの伝え方悪い例

    ビジネスアニメの作り方 メッセージを伝える方法

  7. インパクトあるアニメーション

    ビジネスアニメーションは社外向けのプレゼンテーションです

  8. シナリオ

    アニメーション作りに役立つ 読むべき2冊の参考書

  9. VYONDよくある質問

最近の記事

  1. コンテンポラリーサンプル
  2. ビジネスフレンドリー
  3. ホワイトボードアニメ事例
  4. 1216ワークショップ
  5. 1216ワークショップ
  6. 1216ワークショップ
  7. タイムライン編集

マスタートレーニング

マスタートレーニング
よくあるしつもん
14日無料トライアル

イベント情報はこちら

セミナー情報

おすすめエントリー

  1. 3分アニメのサンプル 3分間の解説アニメ 事例
  2. 選べる3つのスタイル
  3. 動画が見られないポイント 動画の再生回数が増えない3つの理由
  4. グラフをアニメ化 データをビジュアルに魅せるインフォグラフアニメーション

アクセスランキング

  1. vyiondとは?
  2. 手描きアニメ
  3. VYOND 使い方基本編
  4. ビジネス向けのアニメーション
  5. 複数購入時の仕組み
  6. VYONDpartners
  7. 1216ワークショップ
  8. PR活用事例
  9. 1216ワークショップ
PAGE TOP