VYOND制作物と著作権について

このエントリーの目次

VYOND契約者に与えられる権利とは

VYOND利用規約により以下の通りの権利が付与されます。利用規約

お客様は、本契約の条項に従って、本契約の期間中に限り、お客様自身の商用目的でビデオを作成するため、 VYONDアセッツおよび VYONDプラットフォームにアクセスして使用することができる非独占的かつ譲渡不可能な権利を有するものとします。(第2項:ライセンス)

GoAnimate社は、お客様自身が商用目的で作成したビデオを使用、複製、表示、実行、配布するための非独占的でロイヤリティフリーの無期限ライセンスをお客様に付与するものとします。

両当事者間においては、本契約により付与されたライセンスを除いて、お客様は、お客様のコンテンツについて、関連するすべての知的財産権を含むすべての権利、所有権および利益を保持します。

両当事者間においては、本契約により付与されたライセンスを除いて、GoAnimate社は、 VYONDアセッツ、 VYONDプラットフォーム、ビデオ(お客様の所有するお客様のコンテンツを除く)、本契約に基づいてGoAnimate社が利用可能にしたその他のソフトウェア、情報および資料、ならびにこれらに対する変更について、関連するすべての知的財産権を含むすべての権利、所有権および利益を有するものとします。
GoAnimate社は、本契約に基づきお客様に明示的に付与されないすべての権利を保持します。

著作権にかかわる支分権がGoAnimateから客先に「支分権譲渡」されるのではなく、お客様がVYONDを使用してビデオを作成した時点で、お客様に著作権(知的財産権)がそのまま発生すると考えられます。

VYONDのアセット(キャラクターならびにプラットフォーム)に関してはGoAnimate,inc.が著作権を持ちますが、お客様がVYONDによって作成したコンテンツに関しては、お客様が知的財産権などの権利を取得します。
ただしお客様は、ブロードキャスト、ケーブル、衛星テレビ、定額課金もしくはダウンロード別課金のネット配信などのプラットフォームや公衆向け上映を介してビデオを表示または上映する権利は取得しません。※参照:禁止事項

制作者の権利について

すなわちVYONDで作成されたコンテンツのうち、VYONDアセッツ,VYONDのプラットフォーム以外のコンテンツはすべて契約者である制作者が、上映などについての一定の制限つきで、知的所有権などの権利を持つことになります。

参照:「VYOND映像利用の権利」の「移転」について(申告が必要です
動画の著作権はお客様にあるので、第三者が侵害した場合は、お客様が不正利用を訴えることになると考えられますが、様々な事案が考えられますので、具体的問題があれば弊社担当弁護士をご紹介させていただきます。こちらよりお問合せください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる