YouTubeで動画を見てもらうための3つの施策

VYONDでアニメーションを作成し自社のサービスをPRしようとYouTubeから配信しても、なかなかアクセスが上がらない。せっかくの品質の高いアニメーションを作っているのに視聴者が少なければ動画の効果は限定的になってしまいます。実は多くのVYONDユーザーがYouTubeでの視聴者を増やす施策を行っていません。これは本当にもったいないことです・・・。

どんなコンテンツでも「見てもらうこと」が重要です

当社の代表、川崎実知郎は、VYONDのサポートとともに、ビジネス動画の専門家としてこの書籍も出筆しています

どうすればもっと多くの視聴者に見てもらえるのか?
今回は誰でもすぐに実行できる(実行しなければならない)視聴者を増やすための3つの施策をご紹介します

このエントリーの目次

タイトルは何度も考えよう

YouTubeで検索される、興味がありそうな視聴者にサジェスト(紹介)される、関連動画として表示される。これらの全ての基本は動画のタイトルです。あなたの動画が、誰のための動画なのか、どんな情報が入った動画なのかを伝える最大の手段はタイトルです。 下の図のようにYouTubeのサムネイルにはサムネイル&タイトルしか表示されません。これだけの情報で視聴者は動画をクリックするか判断をするのです。より視聴者に興味を持たせるタイトルにすることが大切です。

YouTubeの動画タイトルは、何度でも修正することができます。「アクセスが少ない?」と感じたらタイトルを変えて見ましょう。検索にもタイトルが重要と言うことは言うまでもありません

説明文は必ず入れる

説明文は必ず入れましょう。YouTubeで「発見される」ための検索やお奨め(レコメンド)に選ばれるためには、タイトルとともに説明文が重要です。こちらのように上部3桁以外は「もっと見る」と省略されてしまいますが、これは問題ございません。丁寧に書くことをお奨めします。サイトへのリンクも忘れずに

サムネイルを充実させよう

視聴者に選ばれるために、YouTubeのサムネイル(アイキャッチ画像)は極めて重要。VYOND動画では画面のキャプチャを「動画への誘導」として使用する目的であれば利用可能です。※画像としてバナーやチラシとしての使用は認められません。

VYONDでYouTubeのサムネイルを作成するには?

画面キャプチャーであれば画像はOKですので、下図のようにタイトル用のテンプレートをプロジェクトの最初のシーンで作成するのはいかがでしょうか?画面のエフェクトもすべて取り除き、再生時間は強制的に0.125~0.5秒ほどに抑えます。

あなたの動画を見つけてもらうには(YouTubeの「中の人」に聞いてみた)

YouTubeで動画を見つけてもらうには、単にアップロードするだけでは不十分です。上記のタイトル、説明文、サムネイルは最低条件であり、周囲への告知(SNS等での拡散・広告)や、そもそも動画の内容がタイトルや視聴者のニーズと合致していなければ継続して視聴してもらうことは難しいのです。ここでは、実際のYouTubeの「中の人」が配信動画のアルゴリズムを解説しています。日本語字幕をつけてぜひ、ご覧ください

YouTubeに限らず、動画の目的は、より多くの人に視聴いただくことで達成できるものです。せっかくの高い品質のVYONDアニメーションです。より多くの人に見てもらいましょう!!
視聴につながる施策はほかにもありますので、もっと知りたいという方はこちらの本を読んで実践してみることもお勧めします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
このエントリーの目次
閉じる