fbpx

注目記事ピックアップ

感情を表すアクションを選ぶ方法

アニメーションで感情を表現する

アクションの選び方
感情を表すアクションを選ぼう
VYONDでは膨大なオブジェクトがありますが、すべてのVYONDの素材には、タグが仕組まれているため、短いキーワードや単語で検索することで様々な素材を見つけることができます。また、基本的に中学生レベルの英語でほとんどのオブジェクトが見つかりますので問題ありません。
参考:翻訳をつかって検索する方法
テンプレートも検索します
シーンも検索

よく使うアクションをまとめました

特にアニメ-ションで感情を表現するには、「Action」やシーンを使うと視聴者に伝わりやすいイメージが作成できます。
今回はアニメでよく使う感情を英語表記にして一覧にしてみました。
sad / 悲しい
mad / 怒っている
hot / 暑い
cold / 寒い
hungry / お腹がすいている
full /お腹がいっぱい
sick / 病気、具合が悪い
pain / 痛い
hurt / 痛い
sleepy / 眠い
nervous / 緊張する、神経質になる
angry / 怒る
upset / 腹を立てる
comfortable / 快適
anxious / 心配
furious / 激怒する
delightful / 楽しい、愉快
support /支援 サポートする
desperate / 失望
fun/ 楽しい、陽気な
excited / ワクワクする
tired / 疲れている
bored / 退屈している
afraid / 恐れている
scared / 怖い
shocked / ショックを受けている
worried / 心配している
surprised / 驚いている
love / 愛する 惚れる
confused / 困惑している
frustrated / イライラしている
disappointed / がっかりしている
annoyed / イライラしている
delighted / 大喜びして
joy /喜ぶ
disgruntled / 不機嫌な、ムッとしている
aggravated / イライラしている・怒っている
irritated / イライラして
frustrated / イライラしている、失望している
disgust / むかついている
dejected / 落胆する
please / 喜んでいる

多彩な感情表現をアクションで入れるサンプル
多彩なアクションの選び方2

ほかにも、行動を表す単語(動詞)や名詞などでもアクションは検索できます。こちらのサンプルのように、名詞からアクションを検索できます。視聴者が楽しめるようなアクションがVYONDには数多くそろっています。

いろいろな表現を使って視聴者を飽きさせない。魅せるアニメーションを作りましょう!

参考:コンテンポラリーも様々な表情がありますよ。
キャラクターに表情を付ける

関連記事

  1. samecharactors

    そのテンプレートそのまま使ってない?オリジナリティを意識したアニメの作り方

  2. キャラクター編集方法

    キャラクターの編集 カスタマイズ *2020年版

  3. ビデオをマスキング

    ビデオをマスキングする方法

  4. crop活用例

    3月のアップデート [crop]の使い方

  5. アニメ

    アニメに使用するおすすめのフォント

  6. VYONDテクニック カメラでシーンを切り替えるテクニック

  7. アニメとビデオの合成

    透過形状が挿入できる

  8. 大きくする

    オブジェクトのサイズを大きくさせるアニメーション

  9. コピー

    ほかのプロジェクトにテンプレートをコピーする方法

よくあるしつもん

最近の記事

  1. VYOND 使い方基本編

オンライントレーニング

オンライントレーニング
14日無料トライアル

VYOND:重要事項

  1. 保護中: VYOND 延長申込は大幅プライスダウン!
  2. 商業利用件譲渡 VYOND映像の商業的利用の権利についてよくある質問
  3. 複数購入時の仕組み 複数シートとライセンスの考え方について
  4. VYOND サポートについて
  5. 禁止事項 利用規約と禁止事項
  6. VYONDのセキュリティ VYONDのセキュリティについて
  7. vyondでできないこと VYONDでできないこと(機能 規約)

アクセスランキング

  1. vyiondとは?
  2. VYOND 使い方基本編
  3. 手描きアニメ
  4. ビジネス向けのアニメーション
  5. 複数購入時の仕組み
  6. YouTubeの使い方

イベント情報はこちら

セミナー情報
ユーザー限定記事
PAGE TOP